秋の朝に。

日記
09 /25 2017
蒼穹

気温

今日は何の日 9月25日

主婦休みの日

「家事や育児に頑張る主婦がリフレッシュできる日」「家族が元気になってニッポンも元気になる日」「夫や子どもが家事にチャレンジする日&パパと子どもが一緒に行動する日」として、女性のための生活情報紙を発行するサンケイリビング新聞社が2009年に提唱。
この日以外にも1月25日、5月25日に制定されている。
▶主婦休みの日|サンケイリビング新聞社

株式会社ウエディングパークが20代〜30代の女性を対象に「主婦の息抜き」に関する調査を実施したところ、女性の2人に1人以上が「主婦には毎週息抜きや休みが必要」と感じているという結果が出ています。
休みが必要と答えた人からは「家事も仕事だからお休みが必要」「家事や育児は365日稼働だから家族にわかってもらえないと休むことが出来ない」「イライラが募って叫びたくなる」というコメントが寄せられています。

また、“主夫”になってほしい男性芸能人を聞いたところ、1位はつるの剛士さん。実際にお子さんが生まれた時に過去に二度、育児休暇を取得したことでも知られています。
育休を終えたつるのさんが書いたブログエントリー「一ヶ月の家庭休業(育休)を終えて。」が多くの主婦の好感を得ました。
続いて2位にはV6の井ノ原快彦さん、3位は杉浦太陽さん、4位にはディーン・フジオカさんと速水もこみちさんが並んでいます。


参考:【20代〜30代女性の「主婦の息抜き」に関する実態調査】9月25日は「主婦休みの日」 女性の2人に1人以上が「主婦には毎週息抜きや休みが必要」 〜発表!“主夫”になってほしい男性芸能人ランキング〜灰色小文字


花3

( ノ゚Д゚)おはようございます、何だかんだで、季節代わりにも忙しくなる自分自身を不思議に思いながらも、日曜日の昼前なのに淡々と所用をこなしました、冒頭に書いた「主婦」以外にも( ノД`)休みは必要ですね。

看板

m1

m2

道

花

入口

イオンでの買い物終えて駅前に行く途中、相変わらずの「みどりーな」、「ヒトカゲ」の巣と攻略掲示板にあったので、15分ほど寄りましたが、2体獲得のみ、薄めの巣みたいでした。

池

今日の気に為る話題は此方です。

<宮城・女川>「これがなきゃ秋が来ない」と秋刀魚収穫祭
9/24(日) 19:38配信 毎日新聞

<宮城・女川>「これがなきゃ秋が来ない」と秋刀魚収穫祭
「おながわ秋刀魚収穫祭」で香ばしい煙を上げるサンマの炭火焼き=宮城県女川町

 全国屈指のサンマの水揚げを誇る宮城県女川町で24日、「おながわ秋刀魚(さんま)収穫祭」があった。不漁が続く中、1万匹の炭火焼きが無料で振る舞われ、秋晴れの下、多くの来場者が旬の味を堪能した。

 「これがなきゃ女川に秋が来ない」と町民も待ち望む行事で、東日本大震災の年も続けて20回目。不漁で開催も危ぶまれたが、実行委が「復興と感謝を伝える祭り」と奔走し、隣県から生サンマをかき集めた。

 にぎわう会場では、地元の中学生らが祭りの踊れるテーマソング「サンマdeサンバ」を観客と熱唱。復興工事が進み、上げ潮ムードの街中に歌声を響かせ、サンマの大漁を願っていた。【百武信幸】

【関連記事】
サンマ不漁:原因は台湾や中国の乱獲? 日本漁法に問題は
サンマ:女川漁港で初水揚げ 不漁で遅れ「待ってました」
三陸の漁港:サンマ激減 イベントや配送便中止
さんまふるさと便:記録的不漁で中止 宮古水揚げなし
博多:サンマ配って安全運転呼びかけ ダジャレの標語は…

最終更新:9/24(日) 19:45
毎日新聞

m3

m4

花2

キャラ

上の写真は、「ビックカメラ浜松」店の入り口に置かれていたキャラクター「浜松たん」、久しぶりに「遠鉄百貨店・感謝祭」を覗いてみました。

道4

5

6

あれこれ売り場を見て回った結果、購入したのが下の写真、先日「Costco浜松」で買ったTシャツと色違いのモノでした。

シャツ

道3



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/ckeWoM
でブログをやっているあゆといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在はデジカメ写真の日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園まで趣味と日常生活目線で綴る日々、お気軽にお寄り下さい。