FC2ブログ

第2413回「夏のにおい対策は?」

日記
08 /01 2018
神社2

気温

今日は何の日 8月1日

愛知発明の日(8月1日 記念日)

2004年(平成16年)に愛知県と発明協会愛知県支部が制定。

1897年(明治30年)のこの日、豊田佐吉(とよだ さきち 1867-1930年)が日本最初の動力織機である豊田式木製動力織機を発明し、最初の特許を取得した。
その後、百数十の特許を取得した。
豊田佐吉は発明家・実業家で、豊田紡織(現:トヨタ紡織)、豊田紡織廠(かつて上海にあった会社)、豊田自動織機製作所(現:豊田自動織機)を創業、トヨタグループの創始者である。

花27


こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の東條です今日のテーマは「夏のにおい対策は?」です夏になると、気になるのが汗のにおいです東條は自転車通勤なので、出社時には汗だくです一応女子なので、エチケットに気を付けていて、ロッカーにサラサラパウダーシートを置いているので、それで全身を拭きまくります身体もベタベタからサラサラになるし、自分もにおいを気にせず過ごせるので、快適ですみなさんは夏のにおい対策を...

おはようございます(´・Д・)」、今年もアッと言う間に8月、一応、生物には特有の匂いが有るのは否めませんが、人間は環境の生物でもあるので、或る程度は周囲の事を気にしています。
振り返ってみると、最近は色んな「香」関連の商品が増えていますね。

試供品

此のシリーズは、よく寄るドラッグストアで「テスター」(最近は男性用「テスター」商品が、激減していますけども)が有ると、必ずと云ってよい程条件反射的に試しています。

シート

余り臭いとは関係ないかもしれませんが、此方の商品は以前夏場の長距離ドライブで、自分自身が運転していて「熱中症」気味かなと思った時に、通りがかったコンビニエンスストアで購入し、かなりの「熱冷まし」効果を感じました。

クルマ

やはり普段の「生活の脚」と為っている「自動車」にも、「香」関連の商品を使用しています。

部屋

就寝前の自分の部屋の「匂い」にも、気を使い部屋用消臭剤も欠かせませんね?!
更に女性だと、細かな「香水」や「洗剤」・「シャンプー」等々・・・・・・・、およそ人間本来が持つ・元の嗅覚さえ阻害する勢いで、多大な商品に囲まれているのですね。
こうしてみると、現代社会は「情報」以外に「香」も、氾濫気味の社会なんですね?!
「香」自体、「楽しむ」余裕と基礎的な「知識」が無いと、或る意味、混乱必至な社会要素にもなりかねませんね?!

資生堂

彼是、云ってきましたけど、普通の叔父さんの私の普段使いの香水は、此方「資生堂 アウスレーゼ」です。

FC2 トラックバックテーマ:「夏のにおい対策は?」



狛

花29

夜道

m1

m2

花31

今日の気に為る話題は此方です。


【現場から、】西日本豪雨災害、4キロ歩いて出荷するふりかけ工場

7/31(火) 13:33配信 TBS News i Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 豪雨災害の被災地の現状を記者の視点で検証する「現場から、」。今回は、広島県東広島市からの報告です。

 広島県東広島市の片側2車線の県道が崩れた現場には、重機がある上の部分を県道が通っていましたが、そばを流れる川の氾濫で基礎部分ごと崩れ落ちてなくなりました。
この県道が寸断され、この先にある集落が孤立状態となりました。
道路の少し上の部分には山道があります。
起伏があり、崩れた山の斜面を通るおよそ2キロの山道が続いています。
その先の孤立集落には、およそ90人が働く食品工場がありました。
山道を往復して、人力で出荷を続けた従業員たちの奮闘を取材しました。

 猛暑の中、起伏が激しい山道を段ボールを担いで歩く男たち。
運んでいるのは、工場から出荷する商品だといいます。

 東広島市でふりかけなどを製造する食品メーカー「みなり」。
工場の監視カメラは7月7日、そばを流れる沼田川が氾濫し、工場が浸水する様子を捉えていました。

 製造ラインを停止して復旧作業に当たっていますが、被災前に完成していた商品は出荷しなければなりません。
しかし、東広島市の下河内を通っているJR山陽線が、その途中で線路が崩れ落ちてしまいました。
その下には県道33号線が通っていましたが、こちらも崩れ落ちて今は通行止めとなっています。
工場につながる県道が土砂崩れで寸断。
一帯は孤立状態となったのです。そこで、従業員が商品の入った箱を、一つ一つ担いで運び出すことに。
炎天下で歩いて出社するだけでも困難な往復およそ4キロの道のりを段ボールを担いで、行き来するのです。

 「汗をかくので全体的に体力が落ちるのがつらいところ。こういうことになるとは考えもしなかった。
今まで経験したことないようなつらい状況だが、一個一個がんばっていきたい」(山道で出荷にあたる従業員)

 過酷な環境で出荷を続ける一方、商品を製造するために必要な原料などは手作業では搬入が難しいため、生産ラインを再開することはできませんでした。

 「出荷も一部にとどまっていますので、かなり痛い状況。道路が復旧しないと、原料、資材入れることができない。
(復旧を)待っている状況」(食品メーカー「みなり」 石田浩司工場長)

 過酷な状況で働き続ける従業員たちには、もう一つ心配事があります。

 「(東広島市で)1名まだ見つかっていない、うちの従業員が流されたよう。
奥さんは残念ながら遺体で発見された。
奥さんと一緒に出かけていたようです」(食品メーカー「みなり」 石田浩司工場長)

 従業員たちは、同僚の行方を案じつつ、孤立した工場から黙々と商品を運び続けていました。

 県道の復旧状況ですが、寸断されていた道路が28日にようやく応急処置がされました。
土のうと鉄板で道路を固めて、一時的に車両が通れるようにしました。
しかし、こちらから工場まで行くには、山道を大きく迂回しなければならず、30日、回ってみたのですが、40分ほどかかりました。市によりますと、こちらの県道の復旧はまだ未定ということです。

 3週間以上がたち、孤立状態が半分解消したと言えますが、通常の物流が戻るまでには、まだまだ時間がかかりそうです。(31日11:43)

最終更新:8/1(水) 3:22
TBS系(JNN

看板

散歩中に「夏祭り」の足音も、発見しました。

気温2

夜道2

㈱

m3

m4


犬

神社3



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在はデジカメ写真の日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園まで趣味と日常生活目線で綴る日々、お気軽にお寄り下さい。